みずほインベスターズ証券の内生蔵氏:米大手証券決算が焦点-米国株

みずほインベスターズ証券の内生蔵淳氏は 17日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで、米国株式相場の見通しに ついて語った。主なコメントは次の通り。

米国株式相場見通し:

「当面、原油相場に左右される展開になりそうだ。また最大の焦点は米証券 大手の3-5月期決算だ。今週はダウで1万2000ドルから1万2700ドルを予想 レンジにしている」

米証券大手決算の焦点:

「環境が厳しく各社とも前年同期比で大幅な減益は避けられない。ただ、今 後決算が相次ぐゴールドマンやモルガン・スタンレーはリーマンのような赤字決 算にはならないだろう。アナリスト予想通りなら、株価にインパクトはないが、 資産の評価損が思わぬ形で出てきた場合、市場はサプライズと受け止めるだろ う」

米金融政策とマーケット:

「この1-2週間、米連邦準備制度理事会(FRB)高官などからインフレ を警戒する発言が相次いでいることから、当局の次の一手は利上げではないかと いう観測が台頭した。ただ、足元の経済には下押し圧力が残っており、実際に利 上げに踏み切れるかは疑問だ」

「債券市場の10年債金利は利上げを織り込み始めて急上昇しているが、やや 行き過ぎの印象だ。戻し減税の効果が切れたところの消費動向が不透明なだけに、 当局は利上げには慎重になるだろう」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE