アジア株:ほぼ変わらず-JFEなど日本の鉄鋼株安い、投資判断下げで

17日朝方のアジア株式相場は、前日比ほ ぼ変わらず。JFEホールディングスや神戸製鋼所など日本の鉄鋼株が下げて いる。みずほ証券が投資判断を引き下げたことが響いた。

一方、鉱業最大手の豪BHPビリトンは、シドニー市場で上昇している。 金属相場の上昇を好感した。東京電力をはじめ電力株も高い。原油相場が最高 値を付けた後に下落し、燃料コスト上昇が業績に打撃を与えるとの懸念が後退 した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前9時41分現在、前日比0.1%安 の142.66。日経平均株価は前日終値から小幅安の1万4351円08銭となってい る。韓国、オーストラリア、ニュージーランドの株価指数も下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE