米ウェルズ・ファーゴ収益予想を下方修正、貸倒損失で-JPモルガン

米銀JPモルガン・チェースのアナリスト、 ビベク・ジュネジャ氏は、米西海岸地域で最大の銀行、ウェルズ・ファーゴにつ いて、貸倒損失が増加傾向にあるとして今年と来年の収益見通しを下方修正した。

ジュネジャ氏は16日付のリポートで、ウェルズ・ファーゴの2008年の1 株利益予想を2.24ドルと、これまでの2.39ドルから引き下げ、09年も2.48 ドル(従来は2.65ドル)に下方修正した。貸倒引当金の積み増しを予想してい る。

リポートでジュネジャ氏は「貸倒損失が不動産関連ローン・ポートフォリオ でさらに急増する見込みだ」と指摘した。同氏はウェルズ・ファーゴ株の買いを 推奨している。

米住宅金融2位のウェルズ・ファーゴは大恐慌以来で最悪の住宅危機で同業 他社が損失を膨らませる一方で、黒字を維持してきている。同行は、サブプライ ム(信用力の低い個人向け)住宅ローン貸し出しを回避したと説明している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE