【注目株】食品、旭硝子、不動産、アデラン、船井電、ヤマダ、ホンダ

17日の材料銘柄は以下の通り。

日清食品(2897)、山崎製パン(2212)など食品株:17日付の日本経済新 聞朝刊によると、食品値上げが相次ぐ中でパンや牛乳、カップめん、しょうゆ などが値上げ後に売上高を落としていることが判明。ただ、節約につながる自 主企画(プライベートブランド)品には売り上げを伸ばすものもあるという。

旭硝子(5201):北米の新車需要低迷に対応し、米国工場で自動車用ガラ スの減産に踏み切ったと17日付の日経新聞朝刊が伝えた。減産幅は米国2工 場の生産能力(年300万台分)の約1割程度とみられるという。

三井不動産(8801)など不動産株:豪金融機関マッコーリーグループが 49%出資する不動産ファンド運営のMGPAは、今後3年以内に約5000億円 を日本の不動産に投じる。17日付の日経新聞朝刊が報じた。

三菱地所(8802):09年3月期の連結有利子負債は前期比11%増の1兆 8250億円と過去最高になる見込み。来春開業の丸の内パークビルディングなど、 丸の内の再開発費用などが膨らむ。17日付の日経新聞朝刊が報じた。

アデランスホールディングス(8170):同社株の26%を握る米投資ファン ド、スティール・パートナーズは同社に対し、最終的に経営陣による企業買収 (MBO)で非上場化を求めていると、17日付の朝日新聞朝刊が伝えた。

船井電機(6839):今期(2009年3月期)の連結純損益を従来予想の58 億円の黒字から114億円の赤字に下方修正した。香港子会社がタックスヘイブ ン対策税制の適用除外要件を満たしていないとして、大阪国税局から追徴課税 を受けたのが理由。今回の税務調査で更正処分が下されたことについて「誠に 遺憾」とし、不服を申し立てて正当性を主張するという。

ヤマダ電機(9831):ジャンプジャパンやUSEN(4842)など計5社の 出資で、中古車買取事業運営のための子会社「ヤマダオートジャパン」を設立。 ヤマダの出資比率は70%で、同社店舗内でフランチャイズ展開を行う方針。

ホンダ(7267):16日、新型燃料電池車「FCXクラリティ」の生産を開 始し、第1号車をラインオフした。クラリティは、四輪新機種センター(栃木 県高根沢町)で生産。同センターには燃料電池車専用の組立ラインを新設し、 燃料電池車特有の工程である燃料電池スタックや水素タンクの搭載などを行う。

NTT(9432):総務省はNTT東日本とNTT西日本への監視を強化す ると17日付の日本経済新聞朝刊が報道。3月末時点でNTT東西の光回線の シェアが70%を超えたことが判明し、関連子会社と一体になった営業で公正な 競争を阻害している恐れがあると判断したとしている。

東芝(6502):主力のNAND型フラッシュメモリー(電気的に一括消 却・再書き込み可能なメモリー)事業の生産拠点である四日市工場(三重県) で、直径200ミリメートルウエハー対応ラインの生産能力を約40%減らすと発 表した。主力である300ミリラインより旧世代の200ミリラインを減らし、生 産性を引き上げる。

NTTドコモ(9437):バングラデシュ3位の携帯会社であるTM International(Bangladesh)Limitedの株30%を取得することで合意したと発 表。取得額は約370億円。今後大きな成長が見込まれるバングラデシュ移動通 信市場での事業拡大を推進する。

ダスキン(4665)、モスフードサービス(8153):2月に締結した資本・ 業務提携のその後の合意内容や進ちょく状況を発表。新商品の共同開発や販売 促進のコラボレーション、品質管理などでの両社の長所融合、同一物件への共 同出店などを短期的に実現させる考え。

フジテレビジョン(4676):3月末の1株以上の株主を対象に、株主優待 制度を導入する。フジテレビオリジナルシステム手帳09年版、アナウンサー のオリジナル・クオカード(額面500円)、アナウンサーのオリジナル・カレ ンダー09年版から1点を贈呈する。

福山コンサルタント(9608):08年6月期単独営業利益予想を前期比 35%増の3億円(従来予想2億3000万円)へ引き上げた。5月中旬以降に建 設コンサルタント受注が改善し、稼働率低下による利益の下振れ懸念が一部解 消したため。期末配当予想も13円と従来(10円)から増やす方針。

武富士(8564):5月16日の業務改善命令に基づき、6月16日に関東財 務局に業務改善計画を提出。

岩手・宮城内陸地震による被害状況:内外テック(3374)やジャパンエク セレント投資法人(8987)、妙徳(6265)などが特に影響なしと発表。

石井表記(6336):第1四半期(2-4月)の連結営業利益は前年同期比 28%減の4億9500万円と落ち込んだ。電子機器部品製造装置の営業利益は

3.5%増の3億7300万円と堅調だったが、ディスプレイおよび電子部品の営業 利益が80%減の5600万円へ落ち込んだことなどが響いた。

タカラバイオ(4974):マツタケ子実体原基を発生させる培養技術を確立 したと発表。マツタケ子実体形成まであと一歩の段階に到達したとし、今後の 商業化を目指す。

山陰合同銀行(8381):ウベハウスが東京地裁に民事再生手続きの開始を 申し立てたことに伴い、債権の取立不能および取立遅延の恐れについて発表。 債権のうち担保等で保全されていない2億1700万円程度は08年度第1四半期 に引当処理を行う。今期業績予想には変更なし。

マックスバリュ西日本(8287):09年2月期単独の第1四半期(2月21 日-5月20日)の営業利益は、前年同期比24%増の15億7500万円となった。 新規出店2店に加え、商品面ではプライベートブランド(構成比は前年の

6.9%から8.6%へ上昇)や家計応援スペシャル商品(同7.5%から9.4%へ上 昇)の売り上げが貢献した。

正栄食品工業(8079):08年4月中間期の連結営業利益は前年同期比 43%増の12億8000万円と伸びた。原材料高による製品価格への転嫁などを進 めたことが利益を押し上げた。通期営業利益計画に対する進ちょく率は80%。

堀田丸正(8105):連結子会社「松崎」が店舗の賃貸借契約の解除に合意 し、立退料を特別利益に計上すると発表。09年3月期連結純利益予想を1億 6000万円から2億8000万円へと増額した。

中央化学(7895):三菱商事パッケージングへの第三者割当による自己株 式の処分を決定。株数は100万株(発行済株式数の5.39%)で、手取概算額6 億8400万円は工場のリニューアル工事などに充当する。払込日は7月1日。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE