リッチモンド連銀総裁:過去の利上げのタイミングは遅過ぎた-コメント

米リッチモンド連銀のラッカー総裁は16日、 米経済が直面しているリスクと金融政策の見通しについて、以下の通りコメント した。サウスカロライナ州スパータンバーグでの講演の後、記者団に語った。

◎インフレ加速リスクと成長リスクのバランスについて:

「リスクが年初からどうシフトしてきたかで考えてみよう。大幅な景気下降 から、インフレ高進に伴うリスクへとシフトしたことは確かだ」

◎米金融当局の利上げのタイミング:

「タイミングは難しい問題だ。過去においてわれわれは若干長く待ち過ぎた ので、どの程度待つか十分注意するつもりだ」

◎インフレ期待について:

「インフレ期待は比較的安定的だが、私が望む水準よりも高い」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE