サウジが7月に日量20万バレル増産へ-国王が国連事務総長に語る

サウジアラビアが7月に日量20万バレルの 原油増産を実施することが16日までに分かった。アブドラ国王が潘基文(バ ン・キムン)国連事務総長に語ったと国連報道官が明らかにした。

国連のファーハン・ハク報道官によると、アブドラ国王は14日の会合で日 量20万バレルの増産計画を確認したという。

潘事務総長は15日にジッダで記者団に対し、サウジが「原油価格の安定化 に必要な措置を取る」だろうと述べた上で、アブドラ国王は「投機的な要因によ り現在の原油価格が異常に高水準になっていると認識しており、原油相場を適切 な水準に調整するため可能なことを行う」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE