6月16日の海外株式・債券・為替市場(2)

(米国市場を更新します)

○米国株:S&P500種株価指数やナスダック総合指数が3営業日続伸。リーマ ン・ブラザーズ・ホールディングスの決算が金融株に買いを誘い、アップルなど テクノロジー銘柄も上昇した。

リーマンは3-5月(第2四半期)決算発表と併せ、顧客を失っていない ことを明らかにした。今週、決算発表を控えているゴールドマン・サックス・ グループとモルガン・スタンレーも高い。アップルは5月以来の大幅高。一方、 ゼネラル・エレクトリック(GE)やAT&T、ベライゾン・コミュニケーシ ョンズが下げ、構成するダウ工業株30種平均は下落した。景気減速で企業収 益が鈍化するとのアナリストリポートが嫌気された。

S&P500種株価指数は前週末比0.11ポイント上げて1360.14。ダウ 工業株30種平均は38.27ドル(0.3%)安の12269.08ドル。一方、ナスダ ック総合株価指数は20.28ポイント(0.8%)上昇して2474.78で終了した。 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の騰落比率は5対3。

AIGサンアメリカ・アセット・マネジメントの運用担当者、ジョン・ マシー氏は「市場は悪いニュースを予想していたが、さほど悪くはなかった。 弱材料でないことは今の市場環境ではややプラスにとらえられる」と指摘 した。

ニューヨーク連銀が16日に発表した6月の同地区の製造業景況指数が予 想よりもマイナス幅が大きかったため、景気減速により企業収益の低迷が長引 くとの懸念から売りが先行した。

リーマン上昇

リーマンは1.39ドル高の27.20ドル。3-5月(第2四半期)に不動産 関連資産を20%減らし647億ドル(約7兆円)とした。第2四半期決算は、 28億ドル(1株当たり5.14ドル)の赤字。決算内容は先週発表の暫定集計と 同様だった。レバレッジド(高リスク・高利回り)融資債権の保有高は180億 ドルと、287億ドルから減らした。

同社のリチャード・フルド最高経営責任者(CEO)は住宅ローン関連資 産の将来に自信を示した。

リーマンをけん引役にS&P500種の金融株指数は1.1%高。3営業日連 続で上昇した。

バトラー・ウィックで8000万ドルの資産運用に携わるウィリアム・バッ チェラー氏は「金融株の相対的な重要性は低下してきたが、金融株なしに株式 相場全体の持続的な上昇は難しい。底入れが進んでいると市場が認識する必要 がある」と述べた。

アップル、ブロードコム

アップルは2.6%。RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、マイ ク・アブラムスキー氏は7-9月(第4四半期)に音楽プレーヤー付き携帯電 話「iPhone(アイフォーン)」の出荷が大幅に膨らみ、利益を押し上げ ると予想。510万台、前年同期に比べて356%増加するとの見通しを示した。

ブロードコムは3.8%高。衛星利用測位システム(GPS)チップの設計 会社、米サーフ・テクノロジー・ホールディングスが米半導体メーカー大手ブ ロードコムを相手取り、2件の特許権侵害で訴えていた問題で、米国際貿易委 員会(ITC)は訴えを退けた。

米税務サービス最大手のH&Rブロックも高い。オッペンハイマーが投資 判断を引き上げたことが手掛かり。

衛星ラジオ放送大手、シリウス・サテライト・ラジオは3.2%高。米連邦 通信委員会(FCC)のマーティン委員長は、シリウスによる米XMサテライ ト・ラジオ・ホールディングスの買収承認への支持を表明した。シリウスがい くつかの条件に応じたことを受けたもの。

一方、米チョコレート菓子最大手、ハーシーは6.4%安。ハーシーの筆頭 株主であるハーシー・トラストのレロイ・ジマーマン会長はペンシルベニア州 ハリスバーグの地元紙、パトリオット・ニュースに書簡を発表し、経営権を放 棄する計画はないと言明した。

米オフィス用品販売3位のオフィスマックスも安い。クレディ・スイスの ナリストがリポートで、オフィスマックスの投資判断を引き下げたことが売り を誘った。競合するステープルズがオフィスマックスを買収する計画は「少な くとも1年間は棚上げされた」との見方が理由。

GEも下落。JPモルガン・チェースのアナリストが2009年の1株当た り利益の見通しを下方修正したことが売り材料。

ベライゾンとAT&TはUBSの投資判断引き下げを嫌気して下げた。

○米国債:相場はほぼ変わらず。17日発表される5月の米生産者物価指数(PP I)では上昇が予想されており、米金融当局者の懸念する適切な水準以上のイン フレ加速がはっきりと示される見通しだ。

16日午前にニューヨーク連銀が発表した同州の製造業景況指数が低下し、 午後に入って発表された6月の米住宅市場指数も落ち込んだことから、米国の 景気減速がさらに悪化するとの見方が強まり、米国債は一時上昇していた。米 リッチモンド連銀のラッカー総裁は講演で、インフレ水準は「許容できないほ どに高い」と語った。

モルガン・キーガン(テネシー州メンフィス)の債券セールス・トレーデ ィング・調査責任者、ケビン・ギディス氏はインフレが「債券市場の材料にな っている」と述べ、債券市場は「食品とエネルギー以外での物価上昇懸念を示 している」と続けた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時間午後4 時13分現在、2年債利回りは前週末比1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01 ポイント)低下して3.02%。2年債価格(償還期限2010年5月、表面利率

2.625%)はほぼ変わらずの99 1/4。10年債利回りはほぼ変わらずの4.26%。

米国債利回り

ジェフリーズの米国債トレーディング責任者、トーマス・ディガロマ氏に よると10年債は一時、利回りが4.25%をつけた後に買いを集めた。10年債利 回りは13日に4.27%と、昨年12月以来の高水準を記録した。金融政策当局者 の主眼点が景気拡大からインフレ抑制へと変わったとの観測が背景。

2年債利回りは先週末に3.11%と、年初来の高水準を記録した。2年債利 回りは現在、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を約1ポイント上回っ ている。

先週5日間での2年債利回りの伸び率は過去26年で最大。バーナンキ米 連邦準備制度理事会(FRB)議長がインフレ期待の高まりを「断固阻止」す ると表明したのが材料となった。

ブルームバーグ・ニュースがアナリストを対象にまとめた調査によると、 2年債利回りは第3四半期末までに2.51%に低下すると見込まれている。

金利先物市場動向によると、6月25日のFOMC会合で金利誘導目標が

0.25ポイント引き上げられる確率は28%となっている。1週間前は6%だっ た。残る72%は金利据え置きを予想している。

住宅市場指数、NY連銀指数

全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴが発表した6 月の米住宅市場指数は18と前月の19から低下。過去最低に並んだ。ブルーム バーグがまとめたエコノミスト予想中央値は19だった。同指数で50を下回る 数値は住宅建設業者の多くが現況を「悪い」とみていることを示す。

ラッカー総裁は経済成長のペースは「全般に弱々しい」と指摘、住宅市場 の軟調に足を引っ張られていると述べた。同総裁は「住宅市況が今年中にどう にか底を打ったと仮定し、その後に景気が回復したとしても、ことのほか緩や かなペースにとどまる可能性が非常に高い」と語った。

ニューヨーク連銀が発表した6月の同地区の製造業景況指数はマイナス

8.7と、前月のマイナス3.2からさらに落ち込んだ。同指数ではゼロが景況の 拡大と縮小の境目を示す。

著名コラムニストのロバート・ノバク氏は米ワシントン・ポスト紙に寄稿、 関係者を引用してバーナンキFRB議長は政策金利を引き上げる「計画はな い」と述べた。

○NY外為:ドルがユーロに対し1週間ぶりの大幅安となった。ニュ ーヨーク連銀がこの日発表した6月の同地区製造業景況指数はマイナ ス幅が拡大した。これに加え、週末に大阪で開催された主要国首脳会 議(洞爺湖サミット)財務相会合の共同声明で為替に関する言及がな かったことがドル売り要因となった。

6通貨バスケットに対するドル指数は2月以来の高水準から下落。 ノルウェー・クローネが主要通貨中でドルに対し最大の上げとなり、カ ナダ・ドルはほぼ1カ月ぶりの大幅上昇となった。原油相場がこの日、 バレル当たり139.89ドルの過去最高値を付けたことが背景。

英スタンダード・チャータード銀行の為替ストラテジスト、マリオ ス・マラセフティス氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビュー で、「個人的にはまだドル強気にはなっていない。今後数カ月間で新た なドル安の波が押し寄せるとみている」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時現在、ドルはユーロに対して0.6%下げ て1ユーロ=1.5478ドル(13日には同1.5380ドル)。ドルは対円では1 ドル=108円09銭(13日は同108円19銭)。円はユーロに対して

0.6%下落し、1ユーロ=167円29銭(13日は同166円35銭)。一時は 昨年10月15日以来の安値となる同167円68銭を付けた。

ドルはノルウェー・クローネに対しては0.9%下落、対カナダ・ド ルでも0.7%下げた。原油と金などの商品はカナダの輸出の半分を占め る。また、ノルウェーは世界で5番目の産油国。

ドルを圧迫

ウエストパック銀行のシニア通貨ストラテジスト、リチャード・フ ラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「原油相場が上昇を続ける限り、 ドルは圧迫されよう」と述べた。

円はユーロに対し、8カ月ぶりの安値を付けた。為替市場のボラテ ィリティ(変動性)が低下したことから、円を調達資金として高利回り 資産に買いを入れるキャリートレードが促進された。

円はポンドに対しては0.8%安の1ポンド=212円33銭、ニュージ ーランド(NZ)ドルに対しては0.4%下げ1NZドル=81円41銭。円 を調達資金とするキャリートレードの増加が要因だった。

1カ月物ユーロ・円オプションのインプライド・ボラティリティ (予想変動率、IV)は4営業日連続で低下。この日は10.07%(13日 は10.31%)となった。

ドル・円の動き

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は3営業日ぶりに下落、前週末比0.7%下げ73.61となった。6 月13日には2月28日以来の高水準となる74.314を付けていた。

ニューヨーク連銀がこの日発表した6月の同地区製造業景況指数は マイナス8.7と、前月のマイナス3.2からさらに落ち込んだ。同指数で はゼロが景況の拡大と縮小の境目を示す。この統計を受けて、ドルは対 ユーロで下落した。

ユーロは欧州の取引時間から対ドルで上昇。欧州連合(EU)統計 局(ユーロスタット)が16日発表した5月のユーロ圏消費者物価指数 (改定値)が前年同月比3.7%上昇と、1992年6月以来の高水準に達し たことが材料だった。

○英国債:2年債相場が小幅安。英国の物価上昇率が5月に加速するとの見通 しを背景に、売りがわずかに優勢になった。

5月の英消費者物価指数(CPI)のエコノミスト予想は前年同月比

3.2%。3.1%以上になると、イングランド銀行のキング総裁はダーリング財 務相に書簡を送り、どのように2%の政府目標に抑制するかを説明する義務が 発生する。前回、書簡が送付されたのは2007年4月。

ロンドン時間午後5時7分現在、2年債利回りは前日比1ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.53%。同国債(償還2010年6月、 表面利率4.75%)価格は0.02ポイント下げ98.55。10年債利回りは1bp 低下し5.21%。

○欧州債:独2年債相場が下落。欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット) が発表した5月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)改定値が速報値から 上方修正されたことを受け、利上げ観測が強まったのが背景だ。

2年債利回りは3営業日ぶりに10年債利回りを上回った。先物市場 動向によると、トレーダーは欧州中央銀行(ECB)による利上げ幅見 通しを引き上げた。パパデモスECB副総裁はこの日、ユーロ圏の賃金 上昇ペースが加速しているのは、インフレ加速が域内経済に影響を与え ている可能性があることを裏付ける新たな証拠だと指摘した。

BNPパリバの債券ストラテジスト、パトリック・ジャック氏は 「市場参加者は中銀による利上げ、特にECBによる利上げを想定し、 それに向けて準備を整えつつある。ショート(売り持ち)ポジションを 建てていた市場参加者には恩恵があるはずだ」と語った。

ロンドン時間午後4時25分までに、2年債利回りは前週末比7ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上げ4.69%。同国債(2010年6 月償還、表面利率4.75%)価格は0.13ポイント下げ100.10。10年債利 回りは4.63%でほぼ変わらず。ニューヨーク・ニューズルーム

種類別ニュース: 為替 NI FRX 、 NI JFRX、 NI FX NI KAWASE 経済 NI ECO 、 NI JNECO 、 NI JEALL 中央銀行 NI CEN 、 NI JCEN EMU(欧州経済通貨同盟) NI EMU 英国債 NI GLT 債券 NI BON 国債 NI GBN   欧州国債 NI EUB マネーマーケット NI MMK 英国経済 NI UKECO 米国債 NI USB 米国株 NI USS 株式 NI STK 米国預託証券(ADR) NI ADR ミューチュアル・ファンド NI FND 欧州国債 NI EUB 独債券 NI BND 仏債券 NI OAT 英国債 NI GLT 伊国債 NI BTP スペイン国債 NI SMB ベルギー国債 NI BBB オランダ国債 NI NAB 金融市場 NI JMALL 海外市況 NI TOPJF トップニュース NI TOP、 NI TOPJ 海外トップニュース NI TOPKAIGAI

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE