バーナンキFRB議長:政府の医療費負担増への取り組み「手ごわい」

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FR B)は16日、この先数年間の政府の医療費負担増は政府計画の縮小や増税、 財政赤字拡大を招くとの見解を述べた。

バーナンキ議長はワシントンで開かれた上院財政委員会後援の医療関連会 議に出席し、「こうした課題への取り組みは手ごわい。ひとまとめにした改革 案ですべての問題に対応しようと考えるべきではない。むしろ幅広いアプロー チが必要とされるだろう」と語った。

同議長は従来から、米国政府は高齢化に伴い増大する社会保障や医療費の 負担増に対応しなければ、財政赤字拡大やその他の問題が発生するとの見解を 述べている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE