NY原油:一時過去最高の139.89ドル-ドル安や北海の掘削リグ火災で

ニューヨーク原油先物相場は16日一時、 過去最高の1バレル=139.89ドルを付けた。ドルがユーロに対し下落したこと を受け、ヘッジとしての商品の投資妙味が高まったほか、火災で北海油田から の供給が減ったことも相場上昇につながった。

ドルはユーロに対し一時0.8%安となり、ドル以外の通貨での原油相場が割 安となった。また、ノルウェーの北海沿岸にあるスタトイルハイドロのオゼベ ルグ石油・ガス田(1日当たり生産高15万バレル)は15日に発生した火災の 影響で現在も閉鎖されている。

エナジー・セキュリティー・アナリシスの石油担当ディレクター、リック・ ミューラー氏は「ドル安の兆候があると資金が原油などに流れる」と指摘。ま た、「市場は神経質になっているためオゼベルグ油田の火災に過剰に反応した」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限はニューヨーク 時間午前9時6分(日本時間午後10時6分)現在4.10ドル(3%)高の1バ レル=138.96ドル。

-Editors: Joe Link, Bill Banker --* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544

akinoshita2@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Mark Shenk in New York at +1-212-617-4331 or mshenk1@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Dan Stets at +1-212-617-4403 or dstets@bloomberg.net.

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE