シティのレブコビッチ氏:テクノロジー株売り・ヘルスケア株買い推奨

米シティグループのチーフ米国株ストラ テジスト、トビアス・レブコビッチ氏はリポートで、テクノロジー株を売って ヘルスケア株を買うよう勧めた。信用コストの上昇と企業収益の減少により、 企業のコンピューター関連支出が抑制されるとの見方が理由。

シティはコンピューターサービス最大手の米IBMを「推奨リスト」から 除外し、代わりに米3位の医療保険会社のエトナを加えた。また、テクノロジ ー株全般の投資判断を「マーケットウエート」から「アンダーウエート」に引 き下げる一方、ヘルスケア株を「マーケットウエート」から「オーバーウエー ト」に引き上げた。

レブコビッチ氏は「過去1年にわたる信用市場のひっ迫が情報技術(I T)を含む設備投資に悪影響を与える可能性は高い」と記述。S&P500種株 価指数の全10セクターのうち、年初から12%安と下落率第3位になっている ヘルスケア株については「買いを入れるには興味深い機会だ」との見解を示し ている。

通常取引前の時間外取引でIBM株はニューヨーク時間午前9時3分現在、 前週末比65セント安の125.50ドル。エトナはまだ値が付いていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE