NY原油先物時間外:上昇に転じる-北海の掘削リグ火災やドル安で

ニューヨーク原油先物相場は、ロンドン時 間16日午前の時間外取引で上昇に転じた。北海の石油掘削リグの火災やドル安 を背景にアジア時間の下落分を取り戻した。

ノルウェーの北海沿岸にあるスタトイルハイドロの石油・ガス田は15日に 発生した火災の影響で現在も閉鎖されている。ドルはユーロに対し、一時0.5% 安となった。

ノルディア・バンク(オスロ)のアナリスト、ティナ・サルトベット氏は 「ノルウェーの原油は供給の10%にすぎないが、その大半が輸出されているこ とや軽質油であることから、これは良い兆候ではない」として、火災からの「復 旧が遅れると供給を逼迫(ひっぱく)させるだろう」と話した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は一時、95セン ト(0.7%)高の1バレル=135.81ドルを付けた。13日のニューヨーク市場で は134.86ドルで終了していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE