香港株(終了):反発、先週の下げは行き過ぎとの見方-招商局国際が上

香港株式相場は反発。3カ月間で最悪の週 となった先週の下げは行き過ぎとの見方が浮上した。

港湾運営の中国招商局国際(チャイナ・マーチャンツ・ホールディングス・ インターナショナル、144 HK)は4営業日で11%の下落から反発。製油大手の 中国石油化工(Sinopec、386 HK)は原油価格下落を好感して買われた。

大福アセット・マネジメントの運用担当者、ナンシー・リー氏は「投資家 は最近の株安を買いの好機と受け止めている」と指摘。「短期的には株価は底入 れに近い水準である可能性が高い」と述べた。

ハンセン指数は前週末比437.39ポイント(1.9%)高の23029.69で終了。 前週は7.4%下落していた。ハンセン中国企業株(H株)指数は前週末比2.8% 高の12558.36。

招商局国際は1.35ドル(4.4%)高の32.40香港ドル。Sinopecは 25セント(3.4%)高の7.51香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE