三菱重常務:船舶・海洋事業の鋼材値上げ、今期3万円で決着の見通し

【記者:松井博司】

6月16日(ブルームバーグ):三菱重工業の船舶・海洋事業本部長、飯島史 郎常務は16日の同事業説明会で、高炉メーカーとの鋼材値上げ交渉について、ト ン当たり3万円の値上げで決着しそうだとの見通しを明らかにした。三菱重工の 同事業の年間鋼材使用量は約35万-40万トンで、3万円の値上げで約105億- 120億円のコスト増になる。ただ、同事業の今期の営業利益予想50億円は変更し ないという。

--共同取材:菅 磨澄 Editor:Hideki Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松井 博司 Hiroshi Matsui +813-3201-2068 hmatsui2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE