トゥンペルグゲレルECB理事:市場はトリシェ総裁を正しく理解した

欧州中央銀行(ECB)のトゥンペルグゲ レル理事は、オーストリアのビルトシャフツブラット紙とのインタビューで、 市場はトリシェECB総裁の発言を正しく理解したと述べた。トリシェ総裁は 利上げの可能性を示唆していた。

同紙が16日報じたところによると、トゥンペルグゲレル理事は「中期的な 物価安定に対するリスクは高まった」と述べ、ユーロ圏の現在のインフレ率

3.6%は「警鐘」だとの認識を示した。ECBの政策委員会は警戒を高めた状態 にあると言明した。

同理事はまた、ユーロ圏の成長は減速しているものの「それは一時的なも の」との見方を示したという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE