欧州の金融機関、さらに97億ユーロの評価損計上か-JPモルガン

米銀JPモルガン・チェースは16日、欧州 の金融機関が、保有資産の時価評価に伴い、さらに97億ユーロ(約1兆6190 億円)の評価損を計上するとの試算を示した。

キアン・アボホセイン氏らJPモルガンのアナリストは同日付のリポート で、税引き前でドイツ銀行が36億ユーロ、クレディ・スイス・グループが21 億スイス・フラン(約2170億円)、仏ソシエテ・ジェネラルが18億ユーロ、 ナテクシスが14億ユーロの追加評価損を出すとの見通しを示した。

アナリストらは、評価損計上は恐らく「少な過ぎ、遅過ぎ」だとして、規 制当局と銀行経営陣は米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン危 機の発生後すぐに銀行業界への信頼を強化するべきだったが、それをしなかっ たと指摘。「その結果、仕組み信用商品の危機が投資銀行収入に波及した。さら に、2009年に従来型の信用商品に影響を与える可能性がある」と記述している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE