日本株(終了)大幅続伸、円高修正継続で輸出中心高い-上方修正期待

週明けの東京株式相場は大幅続伸。イン フレ懸念を背景にした米国の利上げ観測から、為替相場ではドル高・円安が進 行。4カ月ぶりの円安水準となったことから、今期の国内企業業績の上方修正 期待が高まり、キヤノンやトヨタ自動車など輸出関連株中心に上昇した。三井 住友フィナンシャルグループなどの銀行株、三菱商事などの大手商社株、住友 金属工業などの鉄鋼株の上げも目立った。東証業種別33指数は28業種が高く、 下落は5。

日経平均株価の終値は、前週末比380円64銭(2.7%)高の1万4354円 37銭。TOPIXは同30.12ポイント(2.2%)高の1401.69。東証1部の売 買高は概算で18億8898万株。東証1部の騰落状況は値上がり銘柄数1314、 値下がり318。

大和投資信託投資調査部の長野吉納シニア・ストラテジストは、「現在の 為替相場の水準は企業が設定した為替レートよりも円安にあるため、短期的に は上方修正期待が出やすい」と指摘。ただ、「ドルが買われている背景は、景 気が良いからではない。このため、先行きは不透明」とも話している。

米年内利上げ100%織り込む

原油反落、米物価統計の事前予想との一致、為替の円安傾向など外部要因 の落ち着きを好感し、この日の日経平均は続伸スタート。午後からは、シンガ ポール市場の日経平均先物に入ったまとまった買いをきっかけに先物主導で一 段高となり、結局この日の高値圏で終えた。特に、日本株に追い風となったの が為替相場の円高修正だ。午前の東京市場のドル・円相場は1ドル=108円前 半で推移。一時、1ドル=108円40銭(ブルームバーグ・データ参照、以下 同じ)と2月14日以来、約4カ月ぶりドル高値を更新した。今月上旬から比 べると、3円近くの円安となっている。

インフレ加速懸念から利上げ観測が台頭し、シカゴで取引をしているFF 金利先物相場の動向によると、現在年末までの利上げ確率は100%となってい る。米JPモルガン・チェース銀行は16日までに、米国の利上げ開始時期の 予想を9月に前倒ししたことに伴い、12月末のドルの対円相場の予想レート を従来の1ドル=103円から110円に引き上げた。

トヨタ自動車の今期(2009年3月期)の想定為替レートは1ドル=100円。 国内企業の多くが、サブプライム問題の影響などから現状水準より円高で設定 しており、現在の為替動向は「国内の企業業績にはプラスになる」(立花証券 の平野憲一執行役員)と、評価されている。TOPIXの上昇寄与度上位には、 電気機器、輸送用機器指数が並んだ。銀行、卸売、機械、鉄鋼なども上位。

ただ市場では、ドル高・円安について「円安は、資源価格の高騰を背景に した金融市場のタイトニング(縮小)を表している。このため、これが加速する ようだと、リスクマネーが逃げる可能性がある」(BNPパリバ証券の平塚基 巳株式営業部部長)との声も多い。

米金融機関の決算発表本格化

今週は、米金融機関の決算発表が本格化する。サブプライム(信用力の低 い個人向け)ローン問題の影響による損失規模が注目されるが、米証券最大手 のゴールドマン・サックス・グループと同2位のモルガン・スタンレーの 2008年3-5月(第2四半期)決算は、世界の大手証券会社の中で最高の利 益を計上する見込み。原油や金など国際商品のトレーディング益が、信用市場 関連の損失を補うという。ブルームバーグ・ニュースでは、同内容の日本語の 報道を午前10時30分過ぎに配信した。

低位建設、電池株が高い

個別銘柄では、東証1部の上昇率上位に東北ミサワホームや植木組、ピー エス三菱、日成ビルド工業など過去の災害発生時に急伸した経緯のある低位建 設銘柄が並んだ。14日、岩手県奥州市と宮城県栗原市で震度6強を観測する 大規模な地震が発生した。

このほか、16日付の日本経済新聞朝刊で、仏自動車大手プジョーシトロ エングループ(PSA)と電気自動車分野で提携すると報じられた三菱自動車 は売買を伴って上昇。PSAにリチウムイオン電池を供給するジーエス・ユア サコーポレーションは大幅高。野村証券金融経済研究所では、GSユアサの投 資判断を新規に「3(中立)」とした。

石油関連や日電硝が安い

半面、原油相場の反落を受け、新日本石油、コスモ石油、国際石油開発帝 石ホールディングス、AOCホールディングスなどの石油関連銘柄が下落。マ ッコーリー証券の投資判断引き下げを受けた日本電気硝子などガラス・土石製 品株も売られた。フルキャストやグッドウィル・グループなど人材派遣関連は 続落で、東証2部では昭和ゴムが急落。監査役会の監査報告書に、監査役の意 見が表明されていると14日発表、同社の社外監査役が取締役の善管注意義務 と忠実注意義務の違反を指摘しているという。

新興3市場はまちまち

国内新興3市場は、ジャスダック指数が前週末比0.3%高の63.24、大証 ヘラクレス指数は同0.4%高の995.36と上昇。一方、東証マザーズ指数は同

0.2%安の602.41と小安かった。

神戸物産と資本・業務提携したミホウジャパンが6日にぶりに上昇。国際 航業が追加出資して筆頭株主となるイメージワンが反発。岩手・宮城内陸地震 の発生を受けて、復興需要期待などから低位建設株が東証1部でも動く中、岩 手地盤の注文住宅大手である東日本ハウスが急騰した。半面、半導体関連製品 の受注が弱含み、2-4月期(第1四半期)の連結営業利益は前年同期から 28%減となったミライアル、販売先の資金調達の遅れで不動産物件の売却決済 の中止、遅延が生じ、08年7月通期の連結純利益を下方修正したアルデプロ はストップ安となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE