中国株:CSI300指数,9日続落-インフレ抑制策が業績圧迫との懸念

16日午後の中国株式市場で、CSI300指数 が9営業日続落となっている。上場証券会社で中国最大手、中信証券(Citi c証券)と酒造メーカーの貴州茅台酒が安い。中国当局がインフレ抑制措置を講 じ、企業業績が悪化するとの懸念が強まった。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は現地時間午後1時47分(日本時間同2時47分)現在、前週末比

18.47ポイント(0.6%)安の2960.65。

Citic証券(600030 CH)は2%安の26.96元。貴州茅台酒(600519 CH)は2.1%安の145.60元。人民元とドルの両通貨建てクレジットカード発行 で中国最大手の招商銀行(600036 CH)は3.7%高の24.18元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE