パパデモスECB副総裁:賃金上昇加速はインフレリスク増大の証左

欧州中央銀行(ECB)のパパデモス副総 裁は16日、ユーロ圏の賃金上昇ペースが加速しているのは、インフレ加速が域 内経済に影響を与えている可能性があることを裏付ける新たな証拠だと指摘し た。

ユーロ加盟15カ国の労働コストは、1-3月期の上昇率が3.3%と、エコ ノミスト予想(2.9%)を上回り、2003年以来の高水準を記録した。

パパデモス副総裁は、韓国・済州島で開かれたアジア欧州会議(ASEM) 財務相会合でインタビューに対し、賃金上昇加速について「二次的な影響が出 ていることを必ずしも示唆するものではないが、域内インフレ圧力の高まりを 示すものではある」と語った。

副総裁はまた、ユーロ圏のインフレ率について、5月が3.6%だったことか ら、「3%を上回る水準が長引く」可能性は高いと指摘。中期的な物価見通しは 「上方リスク」にさらされているとの認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE