ホンダ:新型燃料電池車「FCXクラリティ」生産開始-日米で販売へ

国内2位の自動車メーカー、ホンダは16 日、新型燃料電池車「FCXクラリティ」の生産を開始し、第1号車をライン オフした。

クラリティは、四輪新機種センター(栃木県高根沢町)で生産。同センタ ーには燃料電池車専用の組立ラインを新設し、燃料電池車特有の工程である燃 料電池スタックや水素タンクの搭載などを行う。

第1号車は、映画プロデューサーのロン・イェクサ氏に納入される。この ほか米国で4人の個人にも納入すること明らかにした。

ホンダは水素で走る燃料電池車としてゼロから専用設計した「FCXクラ リティ」を来月に米国で、秋には国内でもリース販売を開始し、両国で3年間 に200台販売する計画。ホンダの従来の燃料電池車が通常のガソリンエンジン 車をベースにシステムを搭載したものだったのに対し、クラリティは小型軽量 高密度化した燃料電池スタックの開発などにより、車高の低い独自の外観を可 能にしたのが特徴。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE