豪マッコーリー・キャピタル・アライアンス株が55%高-非公開化計画

シドニー市場に上場している企業買収ファン ド、マッコーリー・キャピタル・アライアンス・グループの株価が16日、上場 来最大の上昇を記録した。同社の経営陣が非公開化に向けて、株式買い取り計画 を提言したことが好感された。

マッコーリー・キャピタルの終値は前週末比55%高の3.26豪ドル。計画で は1株当たり3.40豪ドルの現金での買い取りが提示され、ファンド全体の価値 を約8億3600万豪ドル(約851億円)と評価している。

マイケル・クック最高経営責任者(CEO)は同日付の発表資料で、これま での株価上昇が不十分だとして、非公開化するべきだとの見解を示した。同社株 は2005年4月の上場から今年6月13日までに45%値下がりした。豪州の株価 指標であるASX200指数は同期間に34%安。

マッコーリー・キャピタルの約20%を保有するマッコーリー・グループは 別の発表資料で、今回の株式非公開化の一環として、同ファンドへの追加的な資 本注入は実施しないとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE