UBSとクレディS:伊パルマラット訴訟で3.57億ユーロ支払いへ

UBSとクレディ・スイス・グループのス イス2大銀行は、5年前に破たんしたイタリアの食品会社パルマラットへの融 資に関する訴訟で、両行合わせてほぼ3億5700万ユーロ(約590億円)を支 払って和解することで合意した。

13日に両行がそれぞれ出した声明によると、UBSは1億8400万ユーロ 余り、クレディ・スイスは1億7250万ユーロを支払うことで合意した。

パルマラットのエンリコ・ボンディ最高経営責任者(CEO)は、パルマ ラットの取引先銀行数十行を相手取り、同社の真の財務状況を投資家から隠ぺ いする役割の一端を担ったとし、提訴していた。パルマラットは2003年に140 億ユーロの負債を抱えて破たんしたが、この負債額は旧経営陣が報告した負債 額のほぼ8倍だった。UBS、クレディ・スイスとの和解で、ボンディ氏は約 15億ユーロを回収した。

UBSは電子メールを通じ「今回の和解によるUBSの業績への影響はご くわずかだ」と表明した。

クレディ・スイスも電子メールで「パルマラット・グループとの取引では 常時、適切に行動しており、パルマラットとの取引中に破産には気付いていな かった」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE