スロベニア財務相:アイルランド国民投票のユーロへの影響はまだ不明

スロベニアのバユク財務相は15日、アイル ランドの国民投票で欧州連合(EU)の新条約「リスボン条約」が否決されたこ とがユーロに悪影響を及ぼすかどうかを判断するのは時期尚早だとの見解を示し た。

EU議長国スロベニアのバユク財務相は、アジア欧州会議(ASEM)財務 相会合出席のため訪れた韓国の済州島でインタビューに応じ、「ユーロが上昇あ るいは下落しても、その原因については性急に判断しない」と述べた上で、「実 際には、ユーロは経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)を反映している」 と説明した。

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のアルムニア委員(経済・通 貨担当)も同日、済州島で、アイルランド国民投票がユーロの世界的役割を損な うとは懸念していないと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE