【注目株】ソフバンク、出光、REIT、三井物、SANKY、アルデ

16日の材料銘柄は以下の通り。

ソフトバンク(9984):同社の孫正義社長は13日夕、日本での販売権を 獲得した米アップルの携帯電話端末「iPhone(アイフォーン)」の販売 価格について、米国を上回らない水準にしたいとの考えを明らかにした。米国 での販売価格は記憶容量に応じて199ドル(約2万2000円)と299ドル(約 3万2000円)に設定されている。

出光興産(5019):2011年度までに製油所の石油製品輸出能力を、年間 300万キロリットルから最大で同600万キロリットル程度まで増やすことを検 討している。同社は、今後も国内で石油製品需要の減少が続くと見込んでおり、 海外市場で収益増加を狙う。

東芝(6502):東芝グループは13日、製品や事業を通じた二酸化炭素 (CO2)排出削減量の2025年の見通しについて、昨年11月に設定した 5760万トンに6010万トン上乗せし、1億1770万トンにしたと発表した。

三井物産(8031):鉄鉱石世界最大手のブラジル鉱山会社ヴァリ(旧リオ ドセ)に対し、約750億円を追加出資。ヴァリが新規鉱山開発をさらに進める ため、最大150億ドル(約1兆6000億円)の新株発行による増資に応じる。

SANKYO(6417):発行済株式数の2.05%(200万株)、170億円を 上限に自己株取得を実施する。取得期間は6月16日から09年3月31日まで。

東京ドーム(9681):メジャーリーグベースボールの開幕戦や巨人戦の増加、 音楽イベントも増えたことで、08年2-4月(第1四半期)の連結純利益は 前年同期比26%増の23億5800万円。09年1月期の連結純利益は前期比29% 増の101億円と従来予想を据え置いた。

不動産投資信託(REIT)関連:東京証券取引所は16日、東証REI T指数先物取引、TOPIX Core 30先物取引、ミニTOPIX先物取引を 開始する。また、商品ETF(上場投資信託)としては初めて、金価格に連動 する「SPDRゴールド・シェア」(スパイダーゴールド・シェア)の上場を 承認した。上場予定日は6月30日。

アルデプロ(8925):販売先の資金調達の遅れで不動産物件の売却決済の中 止、遅延が生じたことを理由に、08年7月通期の連結純利益を従来計画比 65%減の23億円に下方修正した。前期実績は65億1200万円。また、今期末 配当を見送り、1株当たり年230円(前期実績560円)にすることにした。

スバル興業(9632):道路工事が減少、映画興行も低調に推移し、08年 2-4月期の連結営業利益は前年同期比43%減の3億6900万円。09年1月期 の連結営業利益は、前期比46%減の5億5000万円と従来予想を据え置いた。

エービーシー・マート(2670):同社の三木正浩会長が代表取締役を務め る不動産会社のイーエム・プランニング(東京都目黒区)が、衣料品専門店を 展開するユナイテッドアローズ(7606)の株式を買い進め、発行済み株式総数 の約7%を保有していることが明らかになった。

ナルミヤ・インターナショナル(3364):利益率改善に向けて不採算売場の 撤退を進めたものの、消費動向は想定以上に厳しく、08年2-4月期の単体 純損益は1億6000万円の赤字。前年同期は3700万円の黒字だった。09年1 月期の単体純利益は1億7000万円と従来予想を据え置き。

学情(2301):4月中間期の単体営業利益は前年同期比22%減の5億 6700万円。大卒新卒者に対する求人意欲は高く、企業合同説明会を前倒しし ため、前期決算に取り込まれたことが響く。08年10月期の単体営業利益は前 期比13%減の9億100万円を見込む。

メガネスーパー(3318):価格競争の激化や眼鏡小売市場の急激な縮小、大 幅な割引販売実施で利益率が低下し、08年4月期の連結純損益は29億4900 万円の赤字に転落。前年同期は9億8700万円の黒字。品ぞろえの強化や新規 出店などで、09年4月期の連結純損失は3億9700万円の黒字を見込む。

小野建(7414):鋼材市況の上昇により売上高・利益が伸びることを理由に、 09年3月期の業績予想を上方修正。新しい連結純利益予想は従来計画比28% 増の53億4300万円。前期との比較では70%増に。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE