ECBのウェーバー氏:物価の安定に対するリスクは「かなりのもの」

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバ ーのウェーバー独連銀総裁は13日、物価の安定に対するリスクは「かなりのも の」で、ECBには利上げの用意があると指摘した。

ウェーバー総裁はドイツのビールフェルトで講演し、ECBは「インフレ 率の高まりがインフレ期待の安定を脅かすことがないよう努めなければならな い」と語った。ECBは「警戒を高めた状態にあることを明確にするとともに、 状況を注意深く見守っていくだけでなく、行動に出る用意もある」と指摘した。

同総裁は「インフレ率は長期にわたり3%を上回り続けると考えざるを得 ず、2009年になってようやく緩やかな低下がみられるだろう」とし、「インフ レ率は昨秋から、当局が考える物価の安定をかなり上回る水準にあり、われわれ は極めて憂慮している」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE