中国人民元:週間は2週連続上昇-インフレ対策で元一段高容認との観測

今週の中国外国為替取引では、人民元がドル に対し前週末比で2週連続の上昇となった。中国当局がインフレ抑制を目指し、 人民元の上昇ペースを加速させるとの観測が広がった。

12日の発表によると、5月の中国マネーサプライ(通貨供給量)の伸び率は 4カ月で最大となり、中国人民銀行にインフレ対策を迫る圧力が高まった。

中国工商銀行の為替トレーダー、唐亮氏(北京在勤)は、「輸入品を通したイ ンフレを抑えるため、中国は人民元を上昇させる必要がある。市場は年内のイン フレ率低下について楽観してはいない。食品以外のインフレ圧力が高まっている からだ」と述べた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、人民元は上海時間午後5 時半(日本時間同6時半)現在、前週末比0.31%高の1ドル=6.9018元。前週末 は6.9230元だった。13日の中心レートは1ドル=6.9018元。人民元は対ドルで 中心レートの上下0.5%の変動が許容されている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE