孫ソフトバンク社長:iPhone国内価格は米国超えない水準に(2)

ソフトバンクの孫正義社長は13日夕、日 本での販売権を獲得した米アップルの携帯電話端末「iPhone(アイフォ ーン)」の販売価格について、米国を上回らない水準にしたいとの考えを明ら かにした。米国での販売価格は記憶容量に応じて199ドル(約2万2000円) と299ドル(約3万2000円)に設定されている。

孫氏は、価格体系などサービスの詳細は「月内に発表する」としながらも、 通話料金は使い方次第で無料にもなる「ホワイトプラン」を適用する方向だと 述べた。また将来は日本独自のソフト搭載も検討すると語った。自身が会長を 務める電気通信事業者協会が13日夕に都内で開いたパーティーで記者団の質 問に答えた。

アイフォーンは第3世代(3G)対応版が7月11日に世界同時発売され、 米国ではアップル直営店と米AT&Tの店舗で販売される。第2世代(2G) 対応版は昨年6月の米国を皮切りに発売済みだが、2Gで世界から孤立した通 信規格を採用していた日本は今回が初の登場となる。

孫社長は、米ヤフーが米マイクロソフトへの身売り交渉を打ち切り、米グ ーグルと広告提携で合意したと12日発表した点に関しては、双方と接触して いたことは認めたうえで、「コメントはもう少し待ってほしい」と語った。ソ フトバンクが筆頭株主である日本のヤフーに与える影響などについても言及を 避けた。

ソフトバンク株価の13日終値は前日比26円(1.4%)安の1853円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE