NY外為(13日):ドルが対ユーロで上昇、週間で2005年来最大の上げ

ニューヨーク外国為替市場では、ドルが ユーロに対し週間ベースで2005年以来最大の値上がりを記録。米連邦公開市 場委員会(FOMC)の年内利上げ観測が強まるなか、欧州ではアイルランド が欧州連合(EU)の統合をさらに進展させる条約の批准を否決したため、ド ル買い・ユーロ売りが膨らんだ。

ドルはユーロに対して1カ月ぶり高値に上昇。今週末の主要国首脳会議 (洞爺湖サミット)財務相会合で強いドルへの支持が表明されるとの見方から ドルは買いを集めた。円はユーロに対し週間ベースで5週連続で下落。日銀が 金融政策決定会合で政策金利を0.5%で据え置いたのが売り材料となった。

ウェルズ・ファーゴ・バンクの為替ストラテジー責任者、ニック・ベネン ブローク氏は、「ドルに対するセンチメントは急反転した。米経済が適度な底 堅さを見せており、米金融政策当局はタカ派的になり始めた」と語った。

ニューヨーク時間午後4時24分現在、ドルはユーロに対して0.4%上げて 1ユーロ=1.5376ドル、一時は5月8日以来の高値となる同1.5303ドルを記 録した。前日は1ユーロ=1.5439ドルだった。この日のドルは対円で0.2%上 昇して108円21銭(前日は107円96銭)。一時、2月14日以来の高値とな る108円38銭まで上げた。ユーロは円に対して0.2%下げて166円35銭(前 日は166円68銭)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE