カナダ・ドル:3週間ぶりの大幅下落-マイナス成長で利下げ観測

30日の外国為替市場でカナダ・ドルは約3 週間ぶりの大幅下落となった。1-3月期のカナダの国内総生産(GDP)は年 換算で0.3%減少し、予想外のマイナス成長となったことから、来月に利下げが 実施されるとの観測が広がった。カナダ銀行(中央銀行)は6月10日に政策決 定会合を開催する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。