米CFTC:米原油とデリバティブ取引を調査-市場操作の有無注視

米商品先物取引委員会(CFTC)は米国 の原油取引を注視しており、市場で価格が操作されていないか調査を進めてい る。

CFTCは29日にウェブサイトで、米国での原油の輸送、貯蔵、取引につ いて昨年12月から調査を続けていることを明らかにした。原油に基づくデリバ ティブ(金融派生商品)取引も調査されている。

CFTCは「市場が前例のない状態にあるため、調査について公表すると いう異例の措置を取った」としている。CFTCは通常、秘密裏に調査を実施 する。今回の調査がいつ完了するかについては明らかにしなかった。

ニューヨーク原油相場は22日に過去最高の1バレル=135.09ドルを付け た。ロンドンのICEフューチャーズ・ヨーロッパに上場している北海ブレン ト原油先物も同日135.14ドルとなった。

CFTCは調査の対象となっている企業名は挙げなかった。詳細は機密事 項だとしている。CFTCは米インターコンチネンタル・エクスチェンジ(I CE)が運営する欧州市場での原油取引の監視を強化する方針も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE