メディセオの熊倉社長:医薬品取引価格の未妥結問題に取り組む

医薬品卸最大手のメディセオ・パルタックホ ールディングスの熊倉貞武社長は30日放映のブルームバーグテレビジョンのイン タビューで、厚生労働省の「医療用医薬品の流通に関する懇談会」による流通改 善を求める緊急提言を受け、取引価格の未妥結問題に取り組む考えを示した。主 なコメントは次の通り。

懇談会による緊急提言のポイントと業界への影響:

「改善できるとばら色の世界が待っている。改善できなければ地獄が待って いるかもしれないということ。市場の実勢価格をすべて調査して、それをベース に新しい薬価を決めるが、実勢価格調査そのものが正確なのかが問われており、 正確な調査をするためには改善しなければならない」

改善すべき項目で、まず取り組むもの:

「未妥結の問題だ。9月末までに70%くらいにもっていく」

2009年3月期の見通し:

「売上高の10%増は、コバショウとの合併で間違いなく伸びる。配当性向は 2011年までに25%までもっていきたい」

メディセオ・パルタックHDの株価終値は前日比55円(2.9%)高の1936円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE