4月のドイツ小売売上高、予想外の低下-インフレ高進で消費減退

ドイツ連邦統計庁が30日発表した4月の小 売売上高指数(インフレ・季節調整済み)は前月比で1.7%低下と、予想外の マイナスとなった。インフレ高進で消費者の可処分所得が減少した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。