米AIGの困難な状況、競合他社も安心できない-メットライフCEO

米生命保険大手メットライフのロバート・ ヘンリクソン最高経営責任者(CEO)は29日、ライバル企業であるアメリ カン・インターナショナル・グループ(AIG)が困難な状況に追い込まれて いるが、メットライフが新規の顧客を得る助けにならない可能性もあると述べ た。

米国とアジア、中南米の市場でメットライフと競合するAIGは、サブプ ライム(信用力が低い個人向け)住宅ローン資産に関連して1-3月(第1四 半期)決算で過去最大の損失を出し、債務格付けを引き下げられた。両社にと って望ましいのは、世界中の退職者や中産階級の消費者が、自分たちの資産を 守るに当たって保険業界を信用できる状況にあることだ。

ヘンリクソンCEOはニューヨークでの投資家会議で「消費者を不安がら せたくない」と発言。「競合他社より優れていたいし勝っていたいが、顧客に 不安を抱かせるような混乱が市場にある状態は好ましくない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE