日経平均は1月来高値に、米景気底堅さと円安好感-輸出や銀行主導

5月最終日の東京株式相場は連騰。午後 じり高となった日経平均株価は終値ベースで1月10日以来、ほぼ4カ月半ぶ りの水準を回復した。米国景気に対する懸念後退や円安傾向、原油安など外部 環境の改善から、景気や企業業績に対する警戒が和らぎ、輸出関連株など大型 株を中心に幅広く買われた。利ざや拡大期待も加わった三菱UFJフィナンシ ャル・グループが急騰するなど、銀行は東証1部の業種別上昇率で1位。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。