生物多様性の消滅による損失:2050年までにGDPの7%に-調査

海岸や土壌を保護し、食料や医薬品の供 給源となる樹木や動物の消滅による損失が、2050年までに経済生産の7%に達 する可能性があることが、ドイツ銀行のトレーダー、パバーヌ・スクデフ氏が 中心となった生物多様性の経済学に関する調査で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。