5月の新規投信盛り返す、日本株やロシア債人気化-野村証販売が寄与

5月に新設された公募投資信託26本の設 定総額は2480億円と、4月の1547億円から盛り返し、中でも野村証券が販売 した日本株やロシア債券ファンドの設定額が膨らんだ。大和証券や日興コーデ ィアル証券でも株式型ファンドの設定額が100億円を超え、米サブプライム (信用力の低い個人向け)住宅ローン問題で混乱した世界の金融市場の落ち着 きとともに、投資家はリスク志向を強めてきたようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。