香港株(午前):上昇、原油下落を好感-中国石油化工やキャセイ高い

午前の香港株式相場は上昇。製油業者や航 空会社の株式が上げを主導している。原油相場の下落を受けて、燃料コスト上 昇で業績が悪化するとの懸念が和らいだ。

製油で中国最大手の中国石油化工(Sinopec、386 HK)が4週間ぶ りの大幅高となっている。キャセイ航空(293 HK)も2週間ぶり高値を付けた。

富昌証券(フルブライト・セキュリティーズ)のゼネラルマネジャー、フ ランシス・ルン氏は、製油業者と航空会社は「今年に入って大幅に落ち込んで いた。今日は原油相場の動きに恩恵を受けている」と指摘した。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、前日比

136.70ポイント(0.6%)高の24520.69。一時0.4%下げる場面もあったが持 ち直した。ハンセン中国企業株(H株)指数は1.6%高の13732.44。

Sinopecは5%高の7.82香港ドル、キャセイ航空は2.4%高の

16.30香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE