大手不動産株安い、駅前地価の上昇鈍化が鮮明に-ドイツ証は判断下げ

東急不動産や三菱地所、住友不動産など 大手不動産株が軒並み下落。主要都市中心部の地価の上昇鈍化傾向が鮮明にな ってきた上、マンション販売も伸び悩んでおり、収益環境の悪化を警戒する売 りが先行している。ドイツ証券からは29日、不動産セクターの投資判断を引 き下げる動きもあった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。