楽天投信社長:年金不安の若者に長期投資を-「楽天株式F」が始動

楽天の100%子会社で投資信託委託業務を 行う楽天投信は30日、同社初の投資信託「楽天株式ファンド」を1億2226万 円で新規設定して運用を開始した。販売会社はネット専業の楽天証券。小川秀 夫社長は「資産形成ニーズが強い20-30歳代の若年層を主要ターゲットとす る。毎月少額を積み立ててもらいたい」と抱負を語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。