英豪系リオ・ティント:日中などがアフリカのプロジェクトに関心

鉄鉱石生産で世界2位、英・オーストラリ ア系のリオ・ティントは29日、同社のアフリカでのプロジェクト支援につい て、中国や日本などから関心が寄せられていることを明らかにした。

鉄鉱石部門のサム・ウォルシュ最高経営責任者(CEO)はロンドンでの 説明会で、ギニアのシマンドゥでのプロジェクト向けに鉄道か港湾の建設で資 本や技術の供与を受ける可能性があると述べた。

同CEOはただ、出資を受ける場合でも、その割合は小さく、リオ・ティ ントが主導権を堅持していく方針を強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE