5月の英消費者信頼感:90年来の低水準、景気悲観論強まる-GfK

英調査会社GfK・NOPが30日発表した 5月の英消費者信頼感指数は前月比5ポイント悪化のマイナス29と、サッチャ ー英元首相が辞任した1990年11月以来の低水準となった。経済がリセッション (景気後退)入りするとの悲観的な見方が強まったことが示された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。