NZのフォンテラ:生乳生産者への支払額、77%増へ-干ばつの影響

世界最大の乳製品輸出会社、ニュージー ランドのフォンテラ・コーポラティブ・グループは30日、生乳生産者への乳 価支払額が77%増加するとの見通しを示した。乳製品の国際価格は、同国での 干ばつの影響で下げ渋っている。

フォンテラの同日の発表によると、2007年6月-08年5月の乳価支払額 は、乳固形分1キログラム当たり7.90ニュージーランド(NZ)ドル(約650 円)と、過去最高になる可能性が高い。4月時点の予想から60セント上方修 正された。同社は、来シーズンの乳価支払額は7NZドルになると見込んでい る。

オーストラリアで干ばつにより生産が減少したうえ、土地や飼料の価格上 昇で米国と欧州でコストが増加したことから、世界の乳製品価格は昨年11月 に過去最高水準に達した。ニュージーランドでの干ばつが深刻化し、生産が減 少しているため、11月以降の価格下落は鈍化している。

フォンテラは、バター、粉乳、チーズの国際取引の約40%を占め、ニュー ジーランド産の生乳の約95%を処理している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE