債券が小幅安、米債安・株高が圧迫―年限長期化買いで長期債堅調(2)

債券先物相場が小幅安(利回りは上昇)。 前日の米国債相場の下落や、日経平均株価が続伸して寄り付いたことで、売り が優勢となった。一方、この日は月末で、投資家から保有債券の年限を長期化 させる買いなどが入って長期債は堅調となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。