アフリカ開発会議:農業生産性・投資拡大へ「行動計画」-横浜で閉幕

横浜で3日間の日程で開かれたアフリカ開発 会議(TICAD)は30日午前、アフリカ諸国の低い農業生産性と食糧価格高騰 による悪影響に対する懸念を示した「横浜宣言」を採択し閉幕した。アフリカ諸 国でのコメの生産性増加や農業インフラの整備、海外からの投資や貿易の拡大 に向けた具体的取り組みなどを盛り込んだ「横浜行動計画」も策定した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。