日本株:輸出や金融中心高い、米景気懸念の後退-日本紙Gも上昇

午前の東京株式相場は輸出関連や金融株 中心に幅広く高い。米国景気に対する懸念後退や円安傾向が、市場参加者の買 い安心感を誘っている。原油安によるコスト改善期待で電気・ガス株は大幅高 となり、業績再編期待から日本製紙グループ本社などパルプ・紙株も上昇。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。