【個別銘柄】菱洋エレ、日本紙、アデランス、東製綱、荏原、スルガ

30日午前の日本株市場における主な材料 銘柄の動きは以下の通り。

菱洋エレクトロ(8068):一時4.3%安の991円。デジタル家電向けの半 導体の出荷が減少したほか、パソコン用の記録型DVD装置向けレーザーダイ オードが低迷、2-4月期(第1四半期)の連結営業利益は前年同期比53% 減の4億4200万円となった。

日本製紙グループ本社(3893)、レンゴー(3941):日本紙は3.4%高の 30万2000円、レンゴーは同1.8%高の732円。30日付の朝日新聞朝刊は、両 社が経営統合の検討を開始したと報じた。統合が実現すれば王子製紙を上回り、 売上高で首位になるという。古紙や重油など原燃料の急騰に苦しむ中、統合に よる規模拡大と生産効率化を期待した買いが先行。なお両社はこの日午前、 「そのような事実はない」とのコメントを発表した。東証は2銘柄の売買を午 前9時50分まで一時停止していた。

アデランスホールディングス(8170):一時16%高の2335円。29日の定 時株主総会で、岡本孝善社長ら7人の取締役再任が否決された。米系投資ファ ンドのスティール・パートナーズの再任反対に他の株主が賛同した形。経営改 革の進展を期待した買いがこの日も続いている。

東京製綱(5981):一時8%高の240円。フェローテック(6890)と提携 し、中国でシリコンウエハー用ワイヤソー製造販売事業に進出すると発表した。 中国は太陽電池需要が急増し、ワイヤソー市場が拡大しているという。フェロ ーテックは一時2.6%高の1264円。

土屋ホーム(1840):一時9.2%安の108円。北海道や東北地方の経済悪化 に加え、資材高騰の影響を受けて採算性も低下、2008年10月期の連結最終損 益は9億4000万円の赤字となる見込み。前回予想は2億円の黒字、前期実績 は2億4600万円の赤字だった。

スルガコーポレーション(1880):8.5%安の374円の水準で売り気配。同 社所有の商業ビルの立ち退きを委託していた会社関係者が弁護士法違反の疑い で逮捕された影響で不動産の売却が頓挫、継続企業の前提(ゴーイングコンサ ーン)に係る重大な疑義が生じている。同社は今月26日に決算発表を行う予 定だったが、3日遅延。08年3月期の連結純利益は前の期比2.4%増の79億 円となった。

荏原製作所(6361):一時6.6%高の371円。ゴールドマン・サックス証 券は29日、投資判断を「売り」から「中立」に引き上げた。

アイシン精機(7259):一時5.5%高の3640円。ゴールドマン・サック ス証券は29日、投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。

ドトール・日レスホールディングス(3087):一時1.7%高の1827円。 野村証券は30日、新規に投資判断を「2(買い)」と設定した。同証券の成 清康介アナリストは「出店と効率化で確度の高い成長が見込める」(30日付 メモ)と評価している。

コカ・コーラウエストホールディングス(2579):一時3.8%高の2595 円。ゴールドマン・サックス証券は29日、目標株価を2700円から3000円に 引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE