日本紙G株が続伸、レンゴーと経営統合を検討と報道-両社は否定(2

日本製紙グループ本社の株価が続伸。30日 付の朝日新聞朝刊は、同社がレンゴーとの経営統合の検討を開始したと報道した。 これを受け、統合による生産効率化などを期待した買いが先行した。午前終値は 前日比1万3000円(4.4%)高の30万5000円。一時は5.1%高の30万7000円 まで上昇し、1月16日以来、約4カ月ぶりの高値水準を回復した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。