米国、食糧高騰の衝撃にさらされる恐れ-農務省の前首席エコノミスト

米農務省(USDA)の前チーフエコノ ミスト、キース・コリンズ氏は、悪天候により穀物供給に支障が生じれば、小 麦やトウモロコシ、大豆の供給ひっ迫とエタノール消費の拡大により、米国が 食糧価格高騰の衝撃にさらされやすい状態が続くとの見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。