日経平均14300円回復、米景気懸念後退と円安で輸出関連や金融が高い

週末の東京株式相場は続伸して始まり、 日経平均株価は19日以来となる1万4300円台を回復した。米国景気に対する 懸念後退と為替相場の円安進行、海外原油先物の下落などを背景に自動車や電 気機器などの輸出関連株、金融株を中心に幅広く買いが先行。原油安によるコ スト改善期待から、電気・ガス株も高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。