短期市場:翌日物は強含みか、月末から資金不足期入り-レポじり高も

短期金融市場の無担保コール翌日物はやや 強含みそうだ。月末決済の資金需要が高まるうえ、6月4日の税揚げ日まで資金 不足期に入り、需給にひっ迫感が出やすい。レポ(現金担保付債券貸借)金利は 下げ渋りから徐々に強含みに転じる可能性もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。