カナダ国債:下落、2年債利回りは3カ月ぶり高水準-加ドルは上昇

カナダ国債相場は下落し、2年債の利回り は約3カ月ぶりの高水準に上昇した。カナダと米国の金融当局が利下げを休止 するとの観測が広がっている。

カナダ国債相場は4日連続で下落。金利先物相場の動向は、トレーダーの 利下げ観測が後退していることを示している。カナダ銀行は4月22日、米景気 減速の影響からカナダ経済を守るため、0.5ポイントの利下げを実施し、政策 金利を3%とした。カナダの政策金利は昨年12月の4.5%から4回引き下げら れている。

RBCキャピタル・マーケッツのシニア債券ストラテジスト、マーク・チ ャンドラー氏(トロント在勤)は「カナダ銀行は6月10日の政策決定会合で利 下げを実施しないだろう」と予想。「そうなった場合、短期利回りに一段の上昇 圧力がかかり得る。商品価格上昇や通貨高、インフレ高進から追加利下げが行 われない可能性が高い」と指摘した。

トロント時間午後3時9分(日本時間30日午前4時9分)現在、カナダ2 年物国債(表面利率3.75%、2010年6月償還)の利回りは1ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)上昇の3.11%。一時は3.16%と、2月26日以 来の高水準に達した。利回りは今月に入り、36bp上げている。価格は3セン ト下げて、101.25カナダ・ドル。10年物国債(表面利率4%、2017年6月償 還)の利回りは4bp上昇の3.72%。価格は25セント下落の102.15カナダ・ ドル。

カナダ・ドルは前日比0.2%高の1米ドル=0.9885カナダ・ドル(1カナ ダ・ドル=1.0116米ドル)。前日は0.9901カナダ・ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE